スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりたいのに変われない!の罠

自分を変えたい!と思っていてもなかなか変えられない。
そんな人がはまっている罠というものがあるそうです。


* 意志の力に頼りすぎ
人の意識の強さはそれほどでもない、とまずは意識しておくべき。

* 一気に変化しようとしすぎ
小さく成功体験を積み重ねましょう。

* 環境が習慣に与える影響を理解していない
環境が変われば行動も変わるものです。環境をコントロールすることを意識しましょう。

* 古い習慣を無理矢理やめようとしている
「なにかをしない」よりは「これこれをしよう」が大事です。何かを避けるより、行動に集中しましょう。

* モチベーションが湧かない!を言い訳にしてしまう
モチベーションを管理するのではなくて、習慣をつくる仕組みの方にフォーカスしましょう。

* トリガーを有効活用していない
特定の行動を起こすための「トリガー」を設定するのを忘れないようにしましょう。

* 情報が行動を起こす、と思い込む
我々が合理的な行動を起こすことは滅多にありません。

* あいまいな目標を立ててしまう
数値目標は基本。

* ずっとがんばる!と意気込みすぎ
何かを変えたいときはまずは期間を設けてみましょう。

* 変わるのは難しい、と思い込んでいる
正しいプロセスさえ守っていれば習慣を変えるのはそれほど難しくありません。

なかなか変われない人がはまっている10の罠・・・ - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ


すごく自分に当てはまってますorz

うん、いきなり変わろう!って意気込んじゃってダメになるんですよね。
人は急には変われないわけで。

例えばこのブログとかも、「毎日更新しなきゃ!」って強く意気込み過ぎてしまって
とまちゃってる、って感じなんですよね。

少しずつ変わっていこうかな、と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。